camp and more!

4人家族(夫婦+6歳娘+3歳息子)のファミリーキャンプの記録

そしてどんな寝袋を購入したかというと、

我が家の家族構成は、夫婦2人と幼児2人の4人です。そして子供たちは2人とも母と一緒に寝たがります。

ということで、家人は1人で寝てもらい、私と子供の3人が、一緒に寝るということにしました。

その前提での寝袋選びの開始です。

まずは寝袋の形ですが、大きく分けてマミー型と封筒型があります。マミー(つまりミイラ)型の方が防寒性には優れますが、基本的に1人用であり、また拡張性はありません。

一方で封筒型は四角い寝袋をファスナーで閉じて袋状にしているため、防寒性は低いですが、広げれば暑い時期の敷布団にできるし、同じ寝袋を2つ繋げて親子で眠ることができます。

となると、我が家は封筒型一択となりました。

あとは、値段と防寒性の兼ね合いです。やはり暖かい寝袋は高い!とにかくお高いんです。

夫婦2人分だけならともかく、子供の分も買うわけですから、そんなに高いものは無理。そもそも、今度のテント寝袋泊で、やっぱテント泊キャンプはやめとこう、となる可能性もある我が家なのです。値段は高くても一人当たり5000円が上限、と定めました。

で、いろんな妥協の結果、購入したのがこちら。

これは母と幼児2人用です。 
そして家人にはこちら。
どちらも快適温度が5度、使用可能温度が0度のものにしました。
寝袋自体で快適温度が5度だったら、それ以外の銀マット、FDマット、毛布があるから、もうちょっと寒くてもイケるんじゃないか、という理由からです。
まあ、この読みがどう出たかは、次回のエントリーで明らかになります。